こどもの日は男の子の日

5月5日と言えば、誰でもご存知のこどもの日ですよね。
端午の節句 とも呼ばれていますね。
5月5日が男の子のお祭りで、3月3日が女の子のお祭りですよね。
端午の節句と桃の節句、どちらもすくすくと育ってくれた子供たちが主役です。
かぶとを飾ったりお人形を飾ったりしてお祝いするおうちも多いでしょうね。

では、5月5日を端午の節句としてお祝いしたのは、いつごろからなのでしょうか?
こどもの日の歴史は、中国の漢時代のころからありました。
中国では、よもぎや、菖蒲などの薬草を取る日と決めていました
その流れで日本にも端午の節句がやって来たのです。
例えば、菖蒲を使うことも、中国が由来となっています。
日本で正式に決定されたのは、1948年です。
ですから、日本のこどもの日が始めて出来たのは1948年と言うことになりますね。
祝日になったことでお子さんたちは学校もお休みですから、家族でお祝いをしやすいのではないでしょうか?

また、5月は菖蒲の季節です。
花が綺麗に咲く頃ですから、別名、菖蒲の節句とも言われています。
菖蒲は「尚武」と同じ発音です。
このことから、江戸時代のころには、子ども達の成長を願い、5月5日に、かぶと、太刀、太鼓を飾っていたそうです。
これらを飾っている家は武士の家であり、町民は、こいのぼりを飾りました。
まさに、「滝を上る鯉」は力強いものですよね。
このように、子供たちも、元気に成長して欲しいという願いが込められています。

こちらもおすすめ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2012年4月11日

author (14:15)

カテゴリ:こどもの日

« バレンタイン特集 こだわりのチョコレート | ホーム | こどもの日は男の子の日続き »

このページの先頭へ