お知らせ    トップ | オーガニック・ナチュラルライフのすすめ | アロマテラピーのすすめ | LINK | プロフィール | お問い合せ |
カテゴリー  健康 |  本 |  インテリア |  生活 |  趣味 |  おすすめ |

生活のti・ka・raでは代引き、クレジット払い等の表示をします→詳しくはこちら



むしろ安全なオーガニックバター~マーガリンの危険性

トーストに塗るのは、マーガリンとバター、どちらが健康に良いと思いますか?

ダイエットの基本といえば、油を控えること。

なんとなく油をとるのって、からだに悪そうな感じがしますよね。

実は、適度な油が代謝に必要なものなのです。

肝臓では炭水化物(糖)を脂肪酸とトリグリセリド
という物質に変換する作用がおきて、結果的に体脂肪として保存され
これが「肥満」と呼ばれることになります。

もちろん取りすぎは良くないのですが、油の選択にも気をつけないといけんません。


最初の質問。
トーストに塗るのは、マーガリンバター、どちらが健康に良いと思いますか?


正解はバターです。

マーガリンが植物性でからだにいいというのは、古い謝った情報です。
むしろマーガリンのほうが危険です。

マーガリンは「トランス型脂肪酸」というものでできていて、
液状の油である不飽和脂肪酸に水素添加という化学処理を施して
固形化させた油です。

これは自然界に存在しません。

身の回りの植物性の油を考えてください。
どれも、液状ですよね。
これをわざわざ、固めるように、処理しているわけです。


そういえば、健康によいと大々的に宣伝していた、
クッキングオイルの危険性が、最近話題になっています。

発売当初から、わざわざ手を加えて大丈夫?とおもっていたら、
発がん性の疑いが出てしまいまいした。

油は自然に「圧搾法で絞りました」と書いてある油が一番安全です。
圧搾法は文字通り潰して搾るから製造工程にも添加物一切無しです。

(化学抽出法は残留量が少ないですが、
文字通り化学的に抽出しているものです。)


もともと、油はたくさん取らないほうが良いものなので、取るときは、
少量、安全な油を使用しましょう。


最初のトーストです。

室温にして置いておいたバターを、そっと熱々のトーストにぬれば、
それほどたくさんつけなくても、バターの香りがとてもおいしそうです。

それでも、気になる方は、オリーブオイルをつけると良いですよ。
アンチョビのペーストを混ぜると、ワインにも合います。

安心、安全で香りの高いオリーブオイルとごま油での野菜の食べ方
http://www.seikatunotikara.com/archives/2005/08/post_33.html


参考
*日本の食品に含まれる総脂肪酸中のトランス型脂肪酸の平均割合
マーガリン   13.5%
バター      4.1%
チーズ      5.7%
牛乳       4.5%
食パン      9.3%
ドーナツ     0.8~23.9%
フライドポテト  0.8~19.5%
レトルトカレー  6.2%
牛肉バラ     4.9%
牛肉ヒレ     2.7%
 (日本食品油脂検査協会調べ)

安心オーガニックバター

岩手県葛巻町の自然の中で、チャーニング製法という手作りに近い製法で少量ずつ丹念に作りました。
冨士純良バター

はちみつとバターのみを丁寧に混ぜ合わせました。酸化防止剤なども不使用なので、安心です。
はちみつバター

ヨーロッパで古くから親しまれている乳酸菌発酵のバター。ヨーグルトのさわやかな酸味も味わえます。
発酵バター

純良な北海道生乳から取れた新鮮なクリームを使用し、昔ながらの製法で丹念に練り上げました。防腐剤、安定剤一切不使用。
サツラク愛情バター(塩分45%カット)


こちらもおすすめ



投稿者 seikatu : 2005年10月24日 21:10

当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Copyright(C)2005 生活のti・ka・ra All right reserved.