新型インフルエンザとは?(1)

新型インフルエンザなるものが発症したというニュースが世界中を飛び交ってからしばらく経ちました。
当初、新型インフルエンザは「豚インフルエンザ」と呼ばれていましたね。
数年前には鳥インフルエンザなるものが人から人へ感染するようになったということでもありましたが、やや恐怖感を憶えたものの、実際の被害はそれほど大きくなかったので、世界中で大騒ぎするほどではありませんでした。

しかし、豚インフルエンザのほうは、ニュースが入ってきた時には既に海外では多くの死者をだしていたことから、近年、稀に見る騒ぎとなったわけです。
もちろん、こちらも人から人へ感染するということが、恐怖の最大のものであると思います。
しかしまた、マスクをつけることで感染の多くが防げるということが広く知れ渡りました。
そして、マスク業界も驚くほどの売れ行きを見せたというわけですね。
しかし、その新型インフルエンザと呼ばれるものは、一体どのようなものなのか?まで、知っていた人はどのくらいいるでしょうか。
ただ、ニュースに踊らされて恐怖感を抱いていただけの方々が多いのではないでしょうか。
新型インフルエンザとは、新たに人から人へと感染する能力を得ることとなったウイルスが病原体となったインフルエンザのことを言いますが、さらに、一般の人々が免疫を持っていないため、世界的な蔓延によって人々の健康や生命に重大な影響を与えかねないと認められるものを言います。
しかし、そういったウイルスでもマスクによって大部分防ぐことが出来るのですから、今後もマスクは人々の必需品として常備しておくのが望ましいでしょうね。

こちらもおすすめ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« タミフルについての報道 | ホーム

このページの先頭へ