ダイエット中のお弁当

ダイエット中でカロリーを気にしながら食べている方、ランチタイムも気が抜けませんよね。
ヘルシーな手作りお弁当を作って会社に持参しているOLさんも沢山いるでしょうね。

ダイエット中と言っても、お昼ご飯をしっかり食べないと午後の仕事に体が持ちません。
ですから、腹持ちも良くて、食べ応えがあり、しかもヘルシーなお弁当をご紹介します。

メイン食材はダイエットのミカタ、「おから」です。
カロリーが低く、栄養がたっぷり、しかも美容に良いイソブラホンが含まれていますから、毎日取りたい食材です。
そんなおからを使ったおかずです。

まず、おからをフライパンで焼き、ぼろぼろの状態にして水分を飛ばします。
そこにヒジキの煮物を加えます。
これで味付けはOKなのですが、もし、ひじきの煮物だけでは味が物足りないようでしたら、しょうゆとみりんを足して下さい。
ヒジキは昨晩のおかずの余り物で結構です。
それを春巻きの皮で包みます。
オーブントースターで焼いたら出来上がりです。
この行程が面倒な方は、市販の卯の花煮やおからひじきなどを買ってきましょう。
そうしたら、春巻きの皮で巻くだけでOKです。

この春巻きを何本か作って、斜めに切ってお弁当箱に詰めます。
その下にサニーレタスなどを敷くと良いでしょう。

この春巻きのお弁当、ご飯は入れなくてOKです。
その分、カロリーダウンしますからね。
春巻きを多めに入れましょう。
パリっとして十分に食べ応えのあるダイエット弁当です。

タグ

, , , ,

2012年4月11日

author (15:57) | トラックバック(0)

カテゴリ:お弁当

お弁当にお豆腐その2

栄養価が高く安いお豆腐をお弁当のおかずにしましょう。

お弁当に入れるお豆腐料理のポイントは、よく水気を切ることなので、朝、お弁当用に作るのでしたら、前の晩から水切りしておくと良いでしょう。
キッチンペーパーをお皿に敷いてお豆腐を乗せておきます。
ザルに上げておいても良いでしょう。
夏場は冷蔵庫に入れておきましょう。

また、お豆腐を揚げてお弁当に入れることも出来ます。
この場合は、凍り豆腐を使いますので、一度、豆腐を冷凍庫で凍らせて下さい。
冷凍するなら木綿豆腐が良いでしょう。

それを自然解凍し、薄く切ります。
ボウルにおしょうゆと、みりん、それにみじん切りしたニンニクを少々入れ、切った豆腐に味を付けます。
30分以上付けると美味しくなるので、朝のお弁当作りに使いたい時は、前の晩から浸しておくと良いでしょう。
味付けした豆腐に小麦粉を振って、180度の油で揚げます。
片栗粉でも大丈夫です。

豆腐は畑のお肉とは良く言ったものです。
こうして揚げてみると、お肉にも負けないメインのおかずになります。
お弁当のおかずとして、ニンニクの臭いが気になる人は、ニンニクを入れなくても良いでしょう。
夕食のおかずにするのでしたら、生野菜の上に乗せても、野菜と一緒に美味しく召し上がれます。

お豆腐は近所のスーパーでは40円で購入できますから、2個分、たっぷり作ってもたった100円程度ですよ。
豆腐は本当に主婦のお助け食材ですね。
木綿豆腐が安売りしていたら沢山購入して冷凍しておきましょう。
そうしておくと、いつでも食べたいときに豆腐の揚げ物が食べられます。

タグ

お弁当に豆腐料理その1

お豆腐は体に良いことは有名です。
夕食のメニューに登場することはあっても、お豆腐をお弁当に入れることって、あまりありませんよね。
お弁当のおかずに豆腐って、結びつかない方も沢山いらっしゃるでしょうね。

そもそも、豆腐はとても栄養価が高い食べ物でありながら、価格はとても安いです。
家計が大助かりな食材と言えます。

また、消化も早いので、運動会など、食べたらすぐ動かなければならない時、お弁当に入れてあげたい食材です。
それに、イソブラホンという美容に良い成分も含まれていますので、女性にとっては嬉しいですよね。
ですから、おからが美容に良い食品として注目されていることも納得できますね。

「お豆腐は体に良くて、安くて、美容にも良い」と言うことがわかっても、さて、それをどうやってお弁当に入れるのでしょうか?
冷奴を入れるわけには行きませんし、お豆腐は水っぽいので、水分がなくなるように調理しなければなりませんよね。

では、ここで、お弁当用のお豆腐料理をご紹介します。
まずは、豆腐のソテーです。

絹ごし豆腐をよく水切りしたあと、薄く切って、油を敷いたフライパンで焼きます。
ごま油だともっと美味しくなります。
豆腐は生で食べられるものですから、中まで火を通す必要がないので両面焼いたらOKです
しょうゆ、みりんで味付けして絡めたら出来上がりです。
豆腐ステーキにする場合は、やや厚めに切って、にんにくと醤油で味付けします。
バターを加えてもコクが出て美味しいですよ。

タグ

お弁当に便利なしょうが焼き

豚肉のしょうが焼き、美味しいですよね。
夕食のメニューにもよく登場するしょうが焼きですが、お弁当にも最適なのです。
タレでお肉を焼くだけですから、誰でも手短に料理できますね。
子供も大人も大好きですから、とっても便利なおかずと言えるでしょう。

豚肉はビタミンを多く含み、疲労回復効果がある食材です。
ですから、我が家はパパが疲れ気味の時、同じ疲労回復効果があると言うオレンジジュースをお弁当に添えてあげます。
しょうが焼き弁当とオレンジジュース、ダブルで疲労回復です!

そして、お弁当の傷みが気になる季節も、しょうがは殺菌作用があるので安心ですね。
ですが、暑い時は保冷材を忘れないようにして下さいね。

しょうが焼きにする豚肉ですが、しょうが焼き用として売られているものでなくても、バラ肉や切り落としで十分です。
我が家は野菜も入れたいので、ピーマンをスライスして一緒に炒めます。
味付けはもっぱら「しょうが焼きのタレ」です。
これ一本あると本当に便利ですよ。
市販のタレがなければ、しょうが、みりん、しょうゆで味付けして下さいね。

ご飯の上に直接、しょうが焼きを乗せて、「しょうが焼き丼弁当」にするときもありますし、キャベツの千切りをお弁当箱に詰めて、その上にしょうが焼きを乗せる時もあります。
キャベツがしんなりして来ますから、多めに入れても大丈夫ですよ。
また、豚肉でなくても、鶏肉でもスライスしてしょうが焼きにしたら、美味しいですからお試し下さいね。

タグ

お弁当ミートボールのアレンジ

お弁当のおかず、ミートボール!
子供たちが大好きなおかずの1つですよね。
もちろん。大人になっても好きだという人もいます。

我が家はレトルトのミートボールをよく買い置きしています。
温めるだけでOKですから、とっても手軽なおかずです。
湯煎でもいいし、急いでいる時は電子レンジで温められますので便利ですよね。

ミートボールだけでなく、お弁当のおかずにもっと野菜を入れたい場合、一工夫します。
小さく切った玉ねぎやピーマンを炒めて、そこへ、タレごとミートボールを入れます。
そして一緒に炒めます。
ミートボールでも肉団子でもタレは結構入っているので、味付けになりますよ。
お弁当に入れるときは、ミートボールのタレを捨てている方がほとんどでしょう。
このように活用できますので試してみて下さいね。

玉ねぎ、たけのこ、ピーマンと一緒に肉団子で炒めたら酢豚風になります。
甘酢の肉団子で作ると良いのですが、タレだけでは味が寂しいと思ったらケチャップをちょっと入れると良いでしょう。
アレンジが効く肉団子はとても重宝しますね。

レトルトや冷凍の肉団子を買ってくるのも良いですが、時間があればおうちで作り置きして冷凍してはいかがでしょうか?
我が家は挽肉に少量の炒めた玉ねぎを加えます。
作った肉団子はフライパンで火を通して、冷めたら冷凍しておきます。
スープにも使えますし、衣を付けて油で揚げたらメンチカツみたいでとても美味しいですよ。

我が家の定番はキャベツの千切りの上に、タレたっぷりの肉団子を盛ります。
キャベツに味がついてとても美味しいです。
野菜も沢山取れますから、お勧めですよ。

タグ

お弁当にもどんぶり物

夕食のメニューに困ったときに、どんぶり物にする方もいらっしゃると思います。
おかずがご飯の上に乗っているから、それ以上のおかずがいらないので、主婦としてはとても助かりますよね。

これはお弁当にも通用することです。
お弁当のおかずを何にしようか迷ったとき、詰め込むおかずがいくつもない時、こういう時ときこそ、お弁当にも丼ものを取り入れましょう。

一番に思いつくのが親子丼でしょうね。
冷蔵庫に鶏肉があれば、卵や玉ねぎはご家庭で常備しているところも多いでしょう。
麺つゆを使うと味付けが簡単ですよ。

それに手作りすると、とっても安く上がります。
コンビニやお弁当屋さんで購入したら、500円以上はするでしょうね。
もちろん食堂だって高いですよ。
ですから、おうちで作ったほうが断然、安いです。
ちょっとの手間です。
15分かかりませんから、是非お試しください。

簡単に作り方を説明します。
鶏肉を切ってフライパンか鍋に入れます。
焼けたら玉ねぎを入れて、その中に麺つゆを入れて味付けします。
麺つゆがない場合は、砂糖、みりん、だし、しょうゆ、お酒などで味付けします。
卵でとじたら出来上がりです。

この方法でカツ丼や、鶏肉の代わりに豚を入れた豚丼も出来ちゃいます。
また鶏肉の代わりに木綿豆腐を入れるとヘルシーですよ。
これ、けっこう美味しい割にはカロリーを減らせますからお勧めです。
もちろん、具がなくても卵丼が出来ます。

私はこういうお弁当の時、野菜が少なくて栄養バランスが悪いと思ったら、ランチタイムに野菜ジュースを飲むようにしています。
こうやってちょっと気をつけて野菜を摂取することはとても体に良いことなのです。

タグ

子供のころのお弁当

日本人は子供のころから、お弁当を食べる機会が沢山ありますよね。
幼稚園の遠足、運動会から始まり、大人になってからも会社にお弁当を持参する人もいます。
プライベートでも海にお弁当を持って行ったり、ピクニックに行ったりと、外で食べるお弁当は格別美味しいですよね。

子供のころのお弁当、特に小学生くらいの時は、友達のお弁当と比べたりしませんでしたか?
その家の得意のおかずやパターンがありますから、よそのお弁当は目新しいのですよね。
友達のお弁当を見て「あんなおかず、いいなあ!」とか「キレイに並べてあるなあ!」とか、その子のお母さんのセンスがわかってしまうのですよね。

私の母は仕事を持っていて、夜遅くまで働いていたので、朝作ってくれるお弁当は、あまり凝ってはいませんでした。
おかずの種類もそんなにはなかったので、友達に堂々と見せられるお弁当ではなかった記憶があります。

それでも母が早起きしてくれて、一生懸命作ってくれたお弁当はありがたかったです。
冷たいご飯が苦手な私に、炊き込みご飯を入れてくれたり、サンドイッチにしてくたり、「考えてくれているのだなあ」と愛情を感じられたからです。

他の子供のお弁当のように、おかずがキャラクターの形になっていたり、おにぎりがサッカーボールだったり、そういう子供が喜びそうなお弁当は作ってもらえなかったのですが、不満はありませんでした。
自分は子供ながら、仕事を持つ母親を理解していたと思います。

今、自分が母になってみて、やはりお弁当を作る大変さが良くわかりました。
子供たちはどんなお弁当でも残さず食べてくれます。
空っぽのお弁当箱が、母親に対しての感謝の気持ちなのでしょうね。

タグ

, , , ,

author (15:57) | トラックバック(0)

カテゴリ:お弁当

保温できるお弁当箱

お弁当を作って会社に毎日持って行く方もいらっしゃるでしょう。
また、高校生のお子さんに、毎日お弁当を作ってあげているお母さんたちもいらっしゃるでしょう。
日本人にとって、お弁当はとても身近な存在で、生活に切り離せないものです。

そこで、お弁当箱についてお話したいと思います。
みなさんはどのようなお弁当箱を使っていらっしゃいますか?

うちの子供たちはごく普通のプラスチックのお弁当箱です。
2段になっているのを使っていたころもあります。

次に買い換えるとしたら、「ランチジャー」にしてあげようかと思っています。
昔はすごく高かった保温できるお弁当箱ですが最近は随分安くなりましたよね。
二千円台で買えるものもあります。
値段によって保温力に差があるようですが、あったかいご飯が食べられるのならいいですよね。

ちょっと前まではお弁当箱のデザインも今ほど種類はなかったですよね。
お父さんが工事現場に持って行くような、ごついデザインの魔法瓶のようなランチジャーしか売られてなかった気がします。
今では女性向けの可愛いデザインや、子供向けのキャラクターデザインのランチジャーも販売されているようです。

ランチジャーの内容を見てみますと、ご飯入れ、おかず入れが大小二つ、味噌汁入れ、お箸とケース、それに専用のバッグと、結構充実していますよね。
夏以外はずっと活躍するでしょうから、ちょっと値段の張るものでも、がんばって購入してみようかなと思っています。

タグ

夕食の残りをお弁当に

お弁当を簡単に作る方法として、手っ取り早いことは、前の日の夕食の残りを、朝、お弁当に詰めることです。
これで我慢できる人は簡単で良いのですが、やはりちょっと手間をかけて別のおかずに変身させたいですよね。
自分のお弁当ならまだ良いのですが、ご主人やお子さんだとクレームが来ちゃうかもしれません。

そこで、ここでは夕食の残り物をアレンジする方法をご紹介します。

子供も私も大好きなマカロニサラダ。
毎回、ボウルに大量に作ります。
次の日は、それをパンにはさんでサンドイッチを作ります。
同様にポテトサラダやコースルローサラダの時も同様にサンドイッチにします。

次にカラアゲです。
沢山作って冷凍する方法は以前にもお話しましたが、どのように翌日のお弁当のおかずに変身させるかというと、カツ丼を作る要領で甘辛く煮て卵でとじます。
水分を十分切ってからお弁当に詰めましょう。
また細かく切ってチャーハンの具にしても美味しいですよ。
残り物のご飯でチャーハン弁当、たまにはいかがでしょうか。

また、残ったひじき煮はご飯と混ぜてひじきご飯の出来上がりです。
卵に混ぜて焼いても味がしっかり付いているから美味しいですよ。

卵に混ぜて焼いたら美味しいものは、他にも肉じゃがやシチューなどです。
具を潰してわからないようにし、卵に混ぜて焼きます。
味のしっかりとついた玉子焼きが出来ますし、具も入っているのでボリュームがありますよ。

しょうが焼きや焼肉は、別のおかずに変身とまでは行きませんが、ご飯の上に乗せて焼肉丼弁当にします。
海苔をちらせば、残り物でもちょっと見栄えが良くなりますよ。

タグ

お弁当作りは節約

お父さんたちは会社でランチタイムをどう過ごしていますか?
外食の方がほとんどではないでしょうか?

ランチ代も毎日続くと出費もかさみますよね。
OLさんたちは自分でお弁当を作って節約している方も以前からいらっしゃいます。

最近は男性の方もお弁当を持参するようになったそうですね。
奥さんが作る愛妻弁当ならわかりますが、実は独身男性が自分で自分のためにお弁当を作るそうですよ。
節約にもなりますし、栄養バランスも良いですから、外食よりはずっと良いことばかりですね。
男の方は料理が結構好きですから、おっくうではないのかもしれません。

私も以前、OLの経験がありますが、お昼休みには飲食店はどこも一杯で入れなかったり、お弁当屋さんは行列だったり。
今ではコンビニ弁当も売り切れてしまうときもありますよね。
ランチタイムの休憩時間がなくなるくらい、お昼ご飯を食べられるところ、購入できるところを探したものです。
その点、お弁当持参すれば、すぐに食べ始められて、残りの休憩時間をゆっくり過ごせます。

それに、外食をすれば、いくら安いところでも500円以上はします。
ファーストフードだって決して安くはありません。

ですから、手作りのお弁当は本当に節約になるのです。
前の晩の夕食をちょっとずつ取っておいて、それを翌朝、お弁当に詰めれば、お金もかかりません。

もちろん、朝はみなさん忙しいでしょうが。
夕食の残りを詰めるだけなら数分で出来ますよね?
ご飯はタイマーで炊いておけばいいのです。

このように手作りのお弁当はとっても節約になります。
その分、好きなことにお金を使いましょう。

タグ

, , , ,

author (15:57) | トラックバック(0)

カテゴリ:お弁当

お弁当レシピ・ワンポイントアドバイス最新記事

このページの先頭へ