お弁当のおかずを冷凍保存その2

卵も焼けば冷凍保存できることをご存知でしょうか?
アルミホイルカップに油を敷いて卵を割りいれます。
目玉焼きを作る要領です。
塩コショウをしてオーブントースターで焼き上げます。
完全に卵が焼けたら冷まして冷凍庫に保存します。
それに玉子焼きも冷凍保存できますよ。

肉類に味をつけて焼いたものも冷凍保存に向いています。
照り焼きやしょうが焼きなど、しっかり味をつけて焼いてから冷凍します。
この場合は薄切りの肉のほうが良いでしょう。

ハンバーグは夕食のおかずに作る時に多めに作って置きます。
お弁当用には普段作るハンバーグの半分か、それ以下の小さめのハンバーグを作りましょう。
焼いて冷まして、1コずつラップに包み冷凍保存します。
夏などの暑いときは解凍せずに、固まったままのハンバーグをそのままお弁当箱に入れてもOKです。
お昼には自然解凍されていますから。

基本は夕食で多めに作って小分けに冷凍しておくことなのです。
例えば、この方法でパスタ類、やきそばなど冷凍保存できるものは、常に多めに作り、お弁当用に冷凍保存するのです。
わざわざおかずを作って冷凍しなくても、この方法で毎日少しずつ、おかずのストックが冷凍庫に増えるわけです。

煮たかぼちゃも冷凍できますので、かぼちゃサラダなどを作ったときは少し冷凍しておきましょう。
つゆをしっかり切り、お弁当に入れる分ずつラップで包み冷凍します。
彩が寂しいときに黄色の食材があると助かりますからね。
いろんなおかずを少しずつ入れてあげると彩りもよくなります。

品切れのときはこちらで探す

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, , , ,

2012年4月11日

author (15:57) | トラックバック(0)

カテゴリ:お弁当

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seikatunotikara.com/mtsk/mt-tb.cgi/510

お弁当レシピ・ワンポイントアドバイス最新記事

« お弁当のおかずを冷凍保存その1 | ホーム | お弁当のおかずを冷凍保存その3 »

このページの先頭へ